常識についての覚書

小学生のころ人と上手くコミュニケーションをとることができないと悩んでいたことがありました。

その理由はみんなの中で明文化されていないルールを私が破っているところまで当時理解していました。明文化されていないルールは「常識」と呼ばれるもので、辞書には「健全な一般人が共通に持っている、または持つべき、普通の知識や思慮分別。」と記載があります。

みんなと仲良くしたかったので、常識を知りたいと思って、先生や親や友達に聞いていったのですが、そもそもその行為自体が「常識的」でなかったので異質なものとして私は分類されていたと思います。

 

さて、大人になった私ですが、最近常識について発見がありました。

それについて少し書こうと思います。

 

人とコミュニケーションをとるときに、意識的にも、無意識的にも、ある程度どのような反応が返ってくるか予想して相手に刺激を与えます。

例えば、朝職場で挨拶するときに「おはよう!」と言ったら、「おはよう!」と返答がもらえると勝手に脳が予想します。予想の範疇の返答であれば私たちは特に困らず、コミュニケーションのやりとりを続けることができます。

しかし「おはよう!」と言ったのに「おやすみなさい」と返ってきたとしましょう。「おはよう!」と言った人は、朝、しかも職場で「おやすみなさい」なんていうやりとりのパターンを持っていませんでした。そうなると「おやすみなさい」と発言した人に対して、「常識がない」と判断を下すでしょう。

これが常識もっている側面だと思います。

相手が予想できない返答をする。それにより相手を困惑させてしまう。そのような発言や行動が「常識がない」と言われる原因だと思います。

面白いところは、相手方の常識的かどうかの判断は受け手側に依存するところです。

 

もう一つ例をあげましょう。

先ほどと同じように、朝職場で「おはよう」とあいさつをするシーンを考えます。ここで「あなたはとても臭いですね」と返したとしましょう。せっかく挨拶をしたのに、「あなたはとても臭いですね」なんて言われたら、とても嫌な気分になります。この自分を不愉快にしたという刺激も「常識がない」と分類される原因になります。(中には「あなたはとても臭い」と言われて、そのすぐに改善可能なバグを教えてもらえてありがたいと思う人もいるかもしれませんが、話がややこしくなるのでこれは置いておきます。)

そしてこちらも、常識的かどうかは相手の判断に依存します。

 

「常識的でない」ということは、自分の言動が相手にとって「想定外のことである」「不愉快である」といったことを表している言葉であり、みんなが共有していて私だけが知らない規則を破っているという意味ではない。ということになります。”みんなが共有している明文化していない規則”なんてないのです。あるのは、私とあなたのやりとりだけなのです。(ちゃんとした学問として常識を論ずるときには、色々考慮すべきことがあるのでしょうが、私が安心して暮らすうえではこの理解が最適でした。)

みんなが知っていて私だけが知らないという状況は考えただけも辛いものがあります。

でもそんなものがないと思った時、幾分か気持ちが楽になりました。

【誕生日会でリコーダーを吹きました】

昨日、近藤 佑子さんの誕生日会があり、そこでリコーダーを発表しました。

色々思うことがあったので詳しく書こうと思います。

 


ゆうこさんの誕生日会は例年面白くって、みんなでワイワイするだけでなく、お遊戯会も行います。去年はバイオリンを弾く人やマンドリンする人もいました。

 


今年は私も何かやりたいと思い、ゆうこさんが好きなカービィの曲をリコーダーで演奏しようと決めました。

 


私はどちらかというとみんなで目標をもって何かをするのは苦手です。みんなで頑張らなくちゃと思うと空回りしてしまうからです。だったら1人で頑張ったほうが幾分も楽だと思ってます。

でも演奏するなら絶対合奏のが楽しいです。だから怖さもあったけど人を誘うことにしました。

まずは櫛ヶ浜やぎちゃんに声をかけました。一緒にやってくれると返事をもらいました。嬉しかったです。

そしてやぎちゃんに頼んで、人を誘ってもらいました。2人増えて合計4人のリコーダー部になりました。

 


それが1ヶ月前くらいのことです。

そのあとは週に1度集まって、リコーダーの練習をする活動が始まりました。

練習しつつ、合奏しつつ、お菓子やお茶を楽しみつつ、考えていたよりずっと面白い時間でした。

自分がやりたいなって思ったことが実現してることに不思議な気持ちになりました。

 


昨日本番を迎え、無事に演奏することができました。一緒にやってくれた友達も楽しんでくれたみたいだし、会場の人たちも楽しんでくれました。

リコーダー部は細々と続けられたらいいなって思ってます。

 


仕事始めてからは、何もできなくなってきてるな、なんとつまらない人間なのだろうと自己評価がどんどん下がっていました。

今回のリコーダー部を作るにあたっても、自分が人に対しての劣等感とか、引け目とかを抱えていていること、そして友達と何かするのって関係が壊れてしまったり、誰か嫌な気分にならないかとか心配な気持ちになるんだなって面倒なメンタリティを持っていることを再確認しました。

関わらなければ、悪い状態にはならないから楽なのです。

でもそれ以上にコミュニケーションは楽しいことだなぁって思いました。思っているより自分は面白いことができるかもしれないって少しだけ思いました。

ほんの少しのきっかけで、自分がやりたいことをみんなとできるんだってすごく自信になりました。

やりたいことがあるなら、声を上げることってすごく大切です。何をするにも失敗は付き物で、できる限り上手い失敗を積み重ねていけたらなって今回のお遊戯会を通じて思いました。

武蔵野の森総合スポーツプラザのプールで泳いだよ!

今年の目標の一つに月1で泳ぐというものがあります。
月が終わる直前にやっと泳げました!
行ったのが昨年にオープンした武蔵野の森総合スポーツプラザ。東京オリンピックの開催会場の一つで多摩地域唯一の開催場所でもあります。
私としては調布はそんな大きなことする街ではないので、武蔵野市とか八王子とか調布より人口規模も都市も大きい街にに会場を譲ったらよかったのにと思っていたのですが、この施設が調布にできてよかったと思うくらい素晴らしい施設でした。

感動したので施設の紹介を少しします。

 

チケットは販売機で購入します。

チケットはバーコード付きのカードがもらえてそのバーコードをかざして入場します。
そのカードがロッカーのキーになります。

ロッカールームはジム利用者とプール利用者で分かれています。

 

プールは50mでフリー、初心者、上級者の3つに分かれていました。

今回は久しぶりに泳ぐので1kmだけ泳いで帰りました。25mだとどのくらい泳いでいるのかわからなくなってくるのですが、50mプールだと10往復で1kmとわかりやすくていいですね。私、10以上は何かしながら数えられないようです。

 

そして大切なプール以外の施設についてなのですが、シャワールームに加えてフィットネスクラブにあるようなお風呂がありました。

またドライヤーと洗面台もありました。

最近できただけあってとてもキレイです。

職員の方も定期的に掃除をしてくれているので清潔感があります。

公共施設にたいして、安くて汚くてしょぼいと思っていたのでとても感動しました。

 

なので持っていくものとしては、水着、タオル、アメニティだけで良いです!

素晴らしい施設でした!
http://www.musamori-plaza.com/

キングスマンゴールデンサークルを見た

昨年から見ようと思っていた、キングスマンゴールデンサークルを見ました!

前作を見る前にゴールデンサークルを見たので登場人物の関係性がわからなかったのが、惜しかったです。

でもストーリーも楽しめましたし、アクションと一つ一つの所作がかっこよくて映画館で見れてよかったなと感じます。

ちなみにストーリーについては、英国紳士スパイが出てくる映画くらいの情報しか持ってませんでした。

 

最初から最後までエグジーに対しては英国紳士なのか!?と思うような感想を持ちました。かなりいい人だと思うけど、私が思ってる紳士像とは違ってました。

 

あとアクションがめっちゃよかったです!人が結構死ぬんですけど殺し方も清々しいです。

武器が傘、ボストンバッグ、鞭と一般的なものでなかったのも良かったです。さすがスパイですね。

私も職場で録音機能付きボールペンでも使用しようかと思いました。

 

あと戦い方における紳士道のようなものなんですが、フェアを謳っていたのにラスボスに対しては2人で挑んでいたりと状況に応じて変化していくのが面白かったです。

紳士って何を持って紳士というのでしょうか?イギリス文学を嗜めばわかるものなのでしょうか?教養がないとわからないジョークはポプテピピックに通ずる気がしました。

 

映画の予告で流れたレッドスパローが気になったので今度見に行こうと思います。

東京都写真美術館

今日は東京都写真美術館に「無垢と経験の写真」を見に行った。

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2876.html

写真美術館の存在は知っていたけど、行くのは初めて。

伊勢丹のカードを持っていると入館料が安くなる。

今回の写真展で思ったのは、抽象度が高い作品はどう鑑賞していいのかわからないということ。

解説読んでも、作品眺めても、よくわからないなと思った。

わかりにくいことをしている人はわかりにくいものを人に伝えなくちゃいけないから大変だな。

 

片山真理さんの作品は吸引力があった。

片山さんは両足義足なんだけど、義足で立っている写真がかっこ良くてとても気になった。

美容液を買ってみた

今年のやりたいことで自分に合う美容液を探すというものがある

美容液に注目したのは肌で気になるところが増えてきているからだ。

肌についてはこれまで問題を抱えてなかった。

しかし、最近は肌の弾力が衰えてきたように感じている。

そしてシミやホクロが増殖しているように感じている。

測定してないから詳しいことは分からないけど、美容関係については自己満足の世界なので、正直数値は関係ない。

とにかく良い状況ではないのだ。

 

求めている美容液の要件は下記の通り。

1 使い心地がよい

2 肌にハリが出ているように感じる

3 シミがこれ以上増えない

 

めっちゃ安い基礎化粧品をドバドバ使って、定期的に美容皮膚科に通った方が効果ある気がするんだけど、美容皮膚科怖いので、美容液に頼ってみます(><)

 

今回購入したのMARKS & WEBのハーバルモイスチャーライザー ジャスミン(2872円)

https://store.marksandweb.com/products/detail.php?product_id=1010

f:id:yuko-a313:20180109202506j:image

MARKS & WEBは何年か前にプレゼント時に知ったブランドです。

近くに店舗ができたので、最近はメイク落としと洗顔はこちらのブランドを使ってます。

この美容液を選んだのは、香りが良かったからです。

 さっき効用を確認したんだけど、透明感のある肌に導いてくれるようです。

日本化粧品工業連合の効能効用専門委員会によると、「透明感とは視覚的な表現であり、皮膚がくもり なく透き通ったように見える状態を言う。肌の透明感には角質層の光透過性が大きく影響している。角質層の光透過 性、すなわち入射光に対する透過光の比率が高いほど透明感が高いと考えられ、角質層の水分量や肌表面のきめの整い具合などの要素により左右される」と定義されています。

透明感が出ると私の望んでいる状況に改善されるのか少し不安が残りますが、とりあえず3ヶ月続けてみようと思います!

 

ついでにボディソープも買ってしまいました。

f:id:yuko-a313:20180109234230j:image

おまけにパックもついてちょっと嬉しい!

f:id:yuko-a313:20180109234253j:image 

お手入れ頑張る!!

今年やりたい100のこと

去年はいくつかしか思いつかず書くことを断念したので頑張って書いてみる。

 

1.やりたいこと100個出す

2.ワンピースを作る

3.月に1度映画を見る(DVD も含む)

4.月に1冊小説を読む

5.アクセサリーを作る

6.月に1度水泳をする

7.オーダーメイドの洋服を作る

8.時計を分解する

9.放送大学に入学する

10.ペン習字を習う

11.ファイマン物理学(力学)を読破する

12.ポールダンスをやってみる

13.絵を買う

14.刺繍の作品を5つ作る

15.手料理で友達をもてなす

16.急いでても町で困ってそうな人がいたら助ける

17.裁縫道具をしまう引き出しを買う

18.国立科学博物館へ行って、フーコーの振り子を見てコリオリの力を感じる

19.貯金を50万円増やす

20.コーヒーの淹れ方を習う

21.髪の毛の手入れの方法を模索する

22.5分でできるヘアアレンジを3つ習得する

23.手品を5つできるようにする

24.その手品を人前でやる

25.華展に参加する

26.華展を見に行く

27.占いで運命の人の特徴を聞いてみる

28.脱毛

29.カッピングを使ったマッサージ方法を習得する

30.アロママッサージの講習を受ける

31.言葉遣いを丁寧にする(職場で相応しい表現や言い回しを増やす)

32.体重50キロ以下にする

33.焚き火で焼き芋を作る

34.ボイラー技士2級を受ける

33.開脚ができるくらい柔軟をする

34.行ったことのない美容室にチャレンジしてみる

35.夜の工場見学へ行く

36.エステに行く(月2くらい)

37.自分に必要な美容液を探す

38.パニックになった時の回避方法を模索する

39.山登りをする

40.手荒れの原因を突き止める

41.月に1度足裏の手入れをする

42.動物園に行く

43.水族館へ行く

44.28歳になる

45.浴衣を着て夏祭りデートに行く

46.人狼カフェに行く

47.飲んだことないお酒にチャレンジしてみる

48.食べたことのない料理を食べる

49.階段から落ちない

50.人間ドックに行く

51.定期ケース新調する

52.押し花で小物を作る

53.散歩の会を開く

54.古典芸能を鑑賞する

55.劇を観に行く

56.イスラム芸術の幾何学を書く

57.お気に入りのチョコレートを増やす

58.職場で美味しいコーヒーを飲める環境を作る

59.高校地理をやり直す

60.高校日本史をやる

61.高校世界史をやり直す

62.花器を買う

63.謎解きに参加する

64.お花見をする

65.花火を見る

66.歯科矯正を終わらせる

67.執事カフェに行く

68.ワードローブを見える化する

69.オーケストラを聞きに行く

70.行ったことのない県へ行く

71.ひとり旅をする

72.ホームページを作ってみる

73.マザーをプレイする

74.フルートを再開する

75.地域活性化についての勉強会に参加する

76.アフタヌーンティーをする

77.写真についてのセミナーに参加する

78.統計学を勉強する

79.アイススケートをする

80.腕時計を新調する

81.トーストを乗せるお皿を買う

82.ジブリ美術館へ行く

83.VRを体験する

84.鍾乳洞へ行く

85.マンガ三国志を読む

86.部屋の壁を布で覆う

87.植物園へ行く

88.靴の管理をする

89.眠たくなるアロマの調合を研究する

90.ディアボロのショーを見に行く

91.ディアボロやってみる

92.パワースポットでエネルギーが回復できるのか検証する

93.遺伝子診断をしてみる

94.観覧車の天辺で見つめ合う

95.多摩川で愛を叫ぶ

96.インスタグラムに落し物の写真を月4枚あげる

97.本命チョコを作って渡す

98.お姫様抱っこをしてもらう

99.美味しいかき氷を食べる

100.ピクニック

 

しんどかった(><)

楽しい1年になりそうだ!!